| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カスミのコダックlv15

//////////////////////////////
カスミのコダックlv15 HP50 水
[ワザ]
ひっかく 無 10

たすけをよぶ
コインを投げて「おもて」なら、「カスミのたねポケモン」を自分の山札から1枚選び出し、自分のベンチに出す。その後、その山札をよく切る。(自分のベンチに空きがないとき、このワザは失敗する)

にげる 1
弱点 草
抵抗力 なし
レア なし
入手 カスミデッキ
//////////////////////////////

コイキング級に弱い感じを醸し出しているポケモンです。
「なかまをよぶ」ではなく、「たすけをよぶ」っていうのが、この絵のコダックとマッチしている気がします。

デッキに入れるメリットは、「カスミのゴルダック」に進化させるために使うということぐらいでしょうか。他には、拡張パックの方の「カスミのコダック」は、コインを3回なげるため、ワザに確実性がないので、その代用として入れるとかですね。

ワザのひっかくは、無色1個でワザが使えるので、水でも超でも進化後のことを考えて好きなエネルギーをつけておくことができます。

それはそうと、「ハイパーデストロイ」は特徴的で面白いワザだとは思うのですが、あまり実用性がないような気がします。しかしまあ、この話は、後日「カスミのゴルダック」について語るときにでも・・・。
スポンサーサイト

| 水ポケモン | 21時41分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゼニガメlv8

//////////////////////////////
ゼニガメlv8 HP40 水
[ワザ]
あわ 水 10
コインを投げて「おもて」なら、相手を「マヒ」状態にする。

からにこもる 水無
コインを投げて「おもて」なら、次の相手の番、このカードはダメージを受けない。(ダメージ以外の効果は受ける)

にげる 1
弱点 雷
抵抗力 なし
レア ●
入手 1
//////////////////////////////

ゼニガメです。「あわ」と「からにこもる」の両方のワザを持っているにもかかわらず、実践では、「からにこもる」を使った記憶がないような気がします。そもそも相手が特殊状態にならない「めんえき」をもっているカビゴンだとか、相手のベンチに「ソーラーパワー」をもったフシギバナがいるときだとか、相手の手札に「なんでもなおし」やそれに類する効果を発揮するカードがあるとわかっているときに、いちかばちか、次のターンに受けるダメージを回避したい、という時にしか使えない、超シチュエーション限定ワザではないかと思われます。通常では、ダメージを与えられてかつ、まひ状態による50%程度の攻撃回避が見込める上、「からにこもる」よりもコストが低いということで、「あわ」を使うものです。
では、「からにこもる」には、全く良いところがないのか、というと、決してそんなことは、ありません。「からにこもる」のすごさをあげるならば、実は、かなりメジャーそうな名前のワザですが、実際には、非常に数少ないカードしか使えないワザなんです。第一弾のゼニガメとカメールが両方持っているワザなので、勘違いされがちですが、他に「からにこもる」を使えるカードは、ネオ第一弾のツボツボしかいなかったりします(もちろん旧裏面の範囲でです)。化石のシェルダーが使えたのでは?と考える人もいるかもしれませんが、あれは、「からをとじる」です(効果は同じです)。というわけで、「からにこもる」はレアなワザなんだと思えば、使うのも楽しくなる、かもしれません。

| 水ポケモン | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウパーlv12

//////////////////////////////
ウパーlv12 HP40 水

[ワザ]
しっぽをふる 無
コインを投げて「おもて」なら、次の相手の番、このカードがバトル場にいる限り、このワザを受けた相手は、ワザを使えない。

みずでっぽう 水 10
ワザに必要なエネルギーよりも多く「水」エネルギーがついているとき、多い「水」エネルギー1つにつき、10ダメージを追加する。ダメージ追加は2つぶんまで。

にげる 1
弱点 草
抵抗力 雷
レア ●
入手 コロコロ
//////////////////////////////

コロコロコミック附録ということ以外特に何の変哲のないウパーです。「みずでっぽう」は第一弾のニョロモのときから全く効果の変わらない由緒正しいものを使用し、「しっぽをふる」は第二弾のイーブイのとき以下略。最近の更新履歴(といってもほとんど更新してないが・・・)を見てみると、小型の微妙にしょぼいやつらだとか、パラセクトとかいうあまりにも存在感が薄いやつとかの紹介をしていました。そこで、何かプロモを・・・と思い、ふと思いついたのが、このウパーだったわけですが、微妙すぎますね。いい加減、そろそろ、もっと、リザードン的に面白いやつを紹介しないといけないなと思いつつも、商品検索かけてみると、ウパーのカードの画像があったので、これはいい!と思い、結局うパーになった次第です。一応プロモだけれども、全国での流通量の非常に多い、コロコロ附録のカードが市場にはなかなかたくさん残っているようです。
このカードについて補足ですが、確か、ネオ1弾発売前に流通したやつで、最初の水タイプで雷抵抗をもつものになるはずです。この雷抵抗というのは、もちろん、ウパーのタイプ2のじめんに依存するわけですが、タイプ2がじめんである場合に雷抵抗が付与されるのは、おそらく初めてのケースであったと思われます。そもそもネオ発売までは、タイプ2がじめんというのは、いわ・じめんタイプのイワーク及びイシツブテ系と、くさ・じめんタイプのニドキング、ニドクインだけだったはずですので、別におかしい話でもありません。ネオ1弾までのポケットモンスターカードゲームは、これでもかってくらいに、ゲームにおけるタイプ1を尊重し、例えば、じめん・いわタイプに関しては、雷抵抗を持たせるが、いわ・じめんタイプには持たせないなどといった徹底的なものでした。ただし、ひこうタイプと空をとんでるっぽいカードの闘抵抗については別枠で、タイプ2にひこうをもつカードはまず間違いなく闘抵抗を持ち、さらに、そらをとぶピカチュウや、一見ひこうタイプっぽく見えるむし・どくタイプのモルフォンなどにも、闘抵抗を持たせるという寛大さです。
こういった伝統的なものがある中、本来水タイプの弱点だった雷への抵抗をタイプ2のじめんを根拠に水ポケモンカードに持たせるというのは、なかなか画期的で、新シリーズを始める上での改革の始まりと言えるのかもしれません。この辺りから、すでに、eシリーズあたりから頻繁に見られるようになる同名カードの弱点・抵抗力違い、色(タイプ)違いなどの要素、はたまた、デルタ種等につながっていくような流れが始まっていたのかもしれません。

今回、長期不更新のために、ブログの消失を防ごうと思って適当に軽いことを書いて流そうと思ったのですが、意外と弱点・抵抗力の話が盛り上がり、久し振りにカード解析らしきことをしたような気がします。最近はあまり更新できていませんが、一応、旧裏面カードを全て紹介し終えるまでは、このブログの更新を停止するようなつもりはないので、暇なときにでもぼちぼちお立ち寄りください。それでは、また次回更新まで。

| 水ポケモン | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マリルlv10

//////////////////////////////
マリルlv10 HP40 水

[ワザ]
みずとばし 水
相手の場にいるポケモンを1匹選び、そのポケモンに、「弱点・抵抗力」に関係なく、10ダメージ。

ころがりタックル 無無 20

にげる 1
弱点 雷
抵抗力 なし
レア なし
入手 サザン
//////////////////////////////

初代マリルです。たしか金銀発売前に発売されていました。その他、サザンアイランドには、トゲピー、レディバ、ヤドキングなどの金銀のカードが封入されていました。カードとしては斬新で、絵柄以外の部分が光っています。マリルのカードの中では、1ターン目から攻撃することができる数少ないカードであり、デッキにマリルリを入れたいならば使ってみたいカードではあります。

| 水ポケモン | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラプラスlv31

//////////////////////////////
ラプラスlv31 HP80 水

[ワザ]
みずでっぽう 水 10+
ワザに必要なエネルギーよりも多く「水」エネルギーがついているとき、多い「水」エネルギー1個につき、10ダメージを追加する。ダメージ追加は2個ぶんまで。

あやしいひかり 水水 10
コインを投げて「おもて」なら、相手を「こんらん」状態にする。

にげる 1
弱点 雷
抵抗力 なし
レア ★
入手 化石
//////////////////////////////

敵にすると鬱陶しく、見方にするとなんとも使いづらい、そんなカードだったと認識しています。
まずは、鬱陶しい理由から。たねポケモンのくせに、HPが80もある。「みずでっぽう」の威力は、毎ターン10ずつ上がっていくし、2ターン目からは、「あやしいひかり」でこんらんさせられる可能性がある。こんらん状態は全特殊状態の中でも最も避けたい・・・。自然回復不能で、ベンチに戻らないと回復しない。しかも、にげるときにリスクが伴う・・・。
次に使いづらい理由。HPは80ある。上の理由からワザもまあまあである。しかしながら、攻撃力に欠ける。序盤相手が育っていないときならまだしも、相手が十分に育ってくると、いるだけでかえって邪魔になるような気がする。どうがんばっても、基本最大ダメージは30までしかあがらない。終盤は、戦力として微妙な立ち位置になってしまう。そんなところです。
なんだか最近、ディスプレイを見てるとすぐに目が疲れてくるので、このあたりで終わります。

| 水ポケモン | 21時28分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。